読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

Announcing Windows 10 and Tech Preview

と、いうことで Windows TH (Threshold) は、 Windows 10 と発表されました。

早速見てみましょう。

追記

2014/10/1 AM0:53 公開されました。

詳細はこちらから

http://windows.microsoft.com/en-us/windows/preview

f:id:guitarrapc_tech:20141002005459p:plain

目次

まずは、Windows といえばこの人です。

いっている通りですがかいつまんでおきます。

Windows 10 Technical Preview

明日、2014年10月1日 に、Technical Preview は公開されます。

http://windows.microsoft.com/en-us/windows/preview-coming-soon

Technical Previewとは

f:id:guitarrapc_tech:20141001073404p:plain

Technical Preview が公開されるということは、

Microsoft が何を作り上げたのかどう作られたのかそしてアナタがどう感じたのかをMicrosoftに直接伝えるチャンス です。

これからの数か月に渡って、アナタからのフィードバックを元にさらにソフトウェア開発を行い洗練していきます。フィードバックが次のWindowsの源となるわけです。

Technical Preview は、PC エキスパート が触ることを想定している未完成のソフトウェアです。もちろん、全く問題ないですね?

手順は簡単で、ダウンロードしてインストールするだけです。Tech Previewは未完成ゆえに粗削りな部分もあります。そのため、2台目のPCい入れることを推奨します。

Tech Preview に対して、Microsoft は定期的にアップデートしていきます。

Windows Insider、つまり Tech Preview に触ることで2つのベネフィットがあります。

  1. こまめに更新を受けることができます。*1
  2. Microsoft にフィードバックコメントを直接送れるアプリにアクセスできます。アクセスは、http://preview.windows.com から行えます。

f:id:guitarrapc_tech:20141001073429p:plain

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-coming-soon

どうか TechPreview はスクラッチであり、開発中のものだということを忘れないでください。まだまだ計画からみると、デザインや各種機能はスクラッチ段階です。完成までは、もっと洗練し多くの機能を追加していきます。

一つだけ約束できます。Tech Preview を触るということは、アナタが世界で初めてあらゆる機能テストを行える人ということです。

では、Windows 10 Tech Preview をみてみましょう。

Get Started

f:id:guitarrapc_tech:20141001073958p:plain

スタートメニュー

みなさんの慣れ親しんだスタートメニュー が戻ってきました。

ただ戻すだけではなく、どうすればユーザーにとって使いやすいのか*2、画期的な新機能の追加 *3 この二つのバランスを慎重に考えました。

追加した機能とは、ポップアップしたときに表示されるライブタイルです。

f:id:guitarrapc_tech:20141001074023p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001074049p:plain

ライブタイルには、アナタの好きなアプリ、People、Web Site が表示できます。

検索

検索が戻りました。「スタートメニュー」と「タスクバー」の2箇所に検索があります。

f:id:guitarrapc_tech:20141001074246p:plain

いつでも、アナタが何かを探す時に入力すれば結果を得れます。*4検索結果は、PCからでもWebからでも得ることができるということです。

f:id:guitarrapc_tech:20141001074453p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001074543p:plain

WindowsAppStore

Windows 8 での大きな機能の一つが WindowsAppStore でした。

f:id:guitarrapc_tech:20141001074852p:plain

App を起動するとこれまではフルサイズで起動していました。

f:id:guitarrapc_tech:20141001074913p:plain

しかしTech Preview では、タッチ、非タッチ、巨大なスクリーンなど細かい点からどのようにStore App を機能させるか見直しをしています。

なので、新しい StoreApp ではこれまでのデスクトップアプリと同様に操作ができます。

リザイズしたり

f:id:guitarrapc_tech:20141001075422p:plain

好きな場所に移動したりです。

f:id:guitarrapc_tech:20141001075450p:plain

デスクトップアプリ同様に、トップに「閉じる」「最大化」、「最小化」がついています。

f:id:guitarrapc_tech:20141001075554p:plain

Windows はこういった操作が容易であることが優れたポイントです。

タスクビューボタン

フィードバックで期待している一つがマルチタスクです。

今回「タスクビューボタン(Task View Button)」を追加しました。

f:id:guitarrapc_tech:20141001075824p:plain

タスクビューボタンを押すと、開いている複数のアプリを切り換えることができるようになります。

f:id:guitarrapc_tech:20141001075927p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001075922p:plain

スナップ

スナップも強化しています。

f:id:guitarrapc_tech:20141001080117p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001080209p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001080224p:plain

スナップすると、Windows は空いている片側に「どの開いているアプリを表示するか」サジェスチョンしてくれます。

f:id:guitarrapc_tech:20141001080345p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001080402p:plain

さらに一つの画面に4つスナップできるようになりました。

f:id:guitarrapc_tech:20141001080507p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001080526p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001080550p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001080605p:plain

仮想デスクトップ

もしアナタが、多くのプロジェクトで様々なアプリを開いていた場合、デスクトップを追加することができます。

f:id:guitarrapc_tech:20141001080724p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001080745p:plain

f:id:guitarrapc_tech:20141001080803p:plain

仮想デスクトップを追加することで、開いたデスクトップにはあるようにそのまま保持してくれます。

あるいは、仮想デスクトップをさらに作るすることで、片方が仕事の、

f:id:guitarrapc_tech:20141001081036p:plain

切り変えて

f:id:guitarrapc_tech:20141001081107p:plain

もう片方は家の作業を。ということも可能になります。

f:id:guitarrapc_tech:20141001081019p:plain

まとめ

本当に簡単なTech Preview のツアーでしたがどうでしょうか?ぜひ、Tech Preview にサインアップしてInsider プログラムに参加してください。

f:id:guitarrapc_tech:20141001081211p:plain

ぜひアナタと一緒に Tech Preview を触れることを心待ちにしています。*5

Announcing Windows 10

さて、Windows Blog からです。

こちらはかいつまんで。

Windows 10

Windows 10 は、Internet of Things(IoT)、エンタープライズサーバー、世界中のデータセンターなど様々な場所で、多くの種類のデバイスで動作します。

あるデバイスは4インチ素リーンでしょうし、あるものは 80インチだったたり、あるいはスクリーンを持たないデバイスでも。

あるいは、アナタの手の中で動作するものと、10フィート先で動作するものだったするかもしれません。

はたまた、タッチ/ペンで動作するものや、マウス/きーぼど、あるいはコントローラー/ジェスチャ。これらすべての入力タイプでも動作します。

決して 一つのUI で全部を動かそうとは言っていません。一つのデバイスで動作する、一つのプロダクト群を指しています。

Windows 10 for Business

ぜひこちらを見てください。*6

Introducing Windows 10 for Business | Windows For Your Business

Windows Server

ここにあります。子だしですが。

  • Infrastructure upgrades: Rolling upgrades for Hyper-V clusters to the next version of Windows Server without downtime for your applications and workloads. This includes support for mixed versions as you transition your infrastructure.

  • Networking: New components for our software-defined networking stack that enable greater flexibility and control, including a network controller role to manage virtual and physical networks.

  • Storage: New synchronous storage replication that enhances availability for key applications and workloads plus storage Quality of Service to deliver minimum and maximum IOPS in environments with workloads with diverse storage requirements.

  • Remote Desktop: Enhanced application compatibility with OpenGL and OpenCL support.

  • Identity and Access Management: New scenarios to reduce the risk profile of administrators with elevated rights, including time-based access with fine-grained privileges, and new application publishing capabilities.

楽しみですね!AWS や Azure には Networking や Storage / RemoteDesktop などが大きくかかわりますね。

そして、IAM についに更新がくるかも?わくわくです。

まとめ

ということで、Tech Preview やりましょう。

より細かい開発向け情報ははNo.1 のブログを見て下され。

んー、 .NET 5.0 や C# 6.0、PowerShell v5 はこのリリースに合わせてくるのかなぁ.... リリースは 2015年内とかなんとか。

*1:まだまだ洗練されていない早熟なソフトですからね!

*2:User Experience

*3:Terrific New Improvement

*4:インクリメンタルサーチがかかってますね。

*5:最後まで訳してしまった

*6:めんどくさくなった