読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud Platfrom Technical Update and Features

PowerShell DSC Advent Calendar 2014 : Day 7 MOFファイル の生成

PowerShell DSC AdventCalendar

これは、PowerShell DSC Advent Calendar 2014 - Adventar 7日目の記事です。

6日目は、コンフィグレーションの記述について説明しました。ベストプラクティスから現状のコンフィグレーションの問題、v5での改善点など多岐にわたっています。

今日は書いたコンフィグレーションを MOF ファイルにコンパイルする流れについて見ていきましょう。

目次

コンフィグレーションの読み込みと検索

6日目に示したサービスに関するコンフィグレーションで見てみましょう。

これを、一度読み込んで見てください。

f:id:guitarrapc_tech:20141208234302p:plain

すると以下のように Configuraionとして現在のスコープに追加されます。

f:id:guitarrapc_tech:20141208234052p:plain

関数functionやフィルタfilter と異なり、一度コンフィグレーションを読み込まないとインテリセンスインテリセンスに表示されないので注意です。*1

読み込みはこれで ok です。

コンフィグレーションのデフォルトパラメータ

コンフィグレーションconfiguration も、関数function と同様にデフォルトのパラメータを持っています。

これはv4とv5 で異なるので見てみましょう。

まずは v4 です。

名前
    Service
    
構文
    Service [[-InstanceName] <string>] [[-OutputPath] <string>] [[-ConfigurationData] <hashtable>]  
    
    
パラメーター
    -ConfigurationData <hashtable>
        
        必須                         false
        位置                         2
        パイプライン入力を許可する   false
        パラメーター セット名           (すべて)
        エイリアス                      なし
        動的                     false
        
    -InstanceName <string>
        
        必須                         false
        位置                         0
        パイプライン入力を許可する   false
        パラメーター セット名           (すべて)
        エイリアス                      なし
        動的                     false
        
    -OutputPath <string>
        
        必須                         false
        位置                         1
        パイプライン入力を許可する   false
        パラメーター セット名           (すべて)
        エイリアス                      なし
        動的                     false
        
    
入力
    なし
    
    
出力
    System.Object
    
エイリアス
    なし
    

注釈
    なし

次に v5 です。

NAME
    Service
    
SYNTAX
    Service [[-InstanceName] <string>] [[-DependsOn] <string[]>] [[-OutputPath]
     <string>] [[-ConfigurationData] <hashtable>]  
    
    
PARAMETERS
    -ConfigurationData <hashtable>
        
        Required?                    false
        Position?                    3
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -DependsOn <string[]>
        
        Required?                    false
        Position?                    1
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -InstanceName <string>
        
        Required?                    false
        Position?                    0
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -OutputPath <string>
        
        Required?                    false
        Position?                    2
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    
INPUTS
    None
    
    
OUTPUTS
    System.Object
    
ALIASES
    None
    

REMARKS
    None

v5 では、-DependsOn が追加されました。v4で、複数のコンフィグレーション間で依存関係をDependsOnで担保するためです。ダイジダイジ。

コンフィグレーションの実行

デフォルトパラメータで必ず利用するのが-OutputPath です。実際はConfigurationDataも多用するのですが、それは後日説明します。

-OutputPath に指定するのは、コンフィグレーションを実行して生成されるMOFファイルの生成パス(フォルダ名) です。

  • 絶対パス、相対パスいずれも問題ありません。
  • -OutputPathに指定したフォルダが存在しなければ作成してくれます。

では、現在パスでserviceというフォルダを指定してみましょう。現在のパス直下を指定する場合は、フォルダ名のみで大丈夫です。

実行すると、以下のようにMOFが生成されたことがわかります。

今回は Nodeセクションを省略しているので自動的に localhost.mofで生成されています。

    Directory: D:\service


Mode                LastWriteTime         Length Name                          
----                -------------         ------ ----                          
-a----       2014/12/09      0:07           1850 localhost.mof                 

以下のように Nodeセクションを追加すると、Nodeに指定した名前でMOFが生成されます。Nodeに複数ホスト名を配列で指定すれば、複数MOFが生成されます。

    Directory: D:\service


Mode                LastWriteTime         Length Name                          
----                -------------         ------ ----                          
-a----       2014/12/09      0:15           2242 127.0.0.1.mof                 
-a----       2014/12/09      0:15           2246 192.168.1.1.mof               

ね?わかりやすい。

コンフィグレーション実行時に外からパラメータを渡す

コンフィグレーションは、ハードコードを避けて使いまわしたいですよね?当然です。PowerShell の関数(function) と同様に外から渡すことができます。

が、関数やよくある この書き方はだめです。

必ず paramブロックを使う必要があります。

これで実行時に外からパラメータを渡せますね!

f:id:guitarrapc_tech:20141209002437p:plain

ちなみに DynamicParam などは使えません。つまり、動的なパラメータ列挙などはできないという。

f:id:guitarrapc_tech:20141209004505p:plain

コンフィグレーション構文で使える構文は以下で確認できます。

NAME
    Configuration
    
SYNTAX
    Configuration [[-ModuleDefinition] <Object>] [[-ResourceDefinition] <Object
    >] [[-OutputPath] <Object>] [[-Name] <Object>] [[-Body] <scriptblock>] [[-A
    rgsToBody] <hashtable>] [[-ConfigurationData] <hashtable>] [[-InstanceName]
     <string>]  [<CommonParameters>]
    
    
PARAMETERS
    -ArgsToBody <hashtable>
        
        Required?                    false
        Position?                    5
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -Body <scriptblock>
        
        Required?                    false
        Position?                    4
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -ConfigurationData <hashtable>
        
        Required?                    false
        Position?                    6
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -InstanceName <string>
        
        Required?                    false
        Position?                    7
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -ModuleDefinition <Object>
        
        Required?                    false
        Position?                    0
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -Name <Object>
        
        Required?                    false
        Position?                    3
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -OutputPath <Object>
        
        Required?                    false
        Position?                    2
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    -ResourceDefinition <Object>
        
        Required?                    false
        Position?                    1
        Accept pipeline input?       false
        Parameter set name           (All)
        Aliases                      None
        Dynamic?                     false
        
    <CommonParameters>
        This cmdlet supports the common parameters: Verbose, Debug,
        ErrorAction, ErrorVariable, WarningAction, WarningVariable,
        OutBuffer, PipelineVariable, and OutVariable. For more information, see
     
        about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216).
     
    
    
INPUTS
    None
    
    
OUTPUTS
    System.Object
    
ALIASES
    None
    

REMARKS
    Get-Help cannot find the Help files for this cmdlet on this computer. It is
     displaying only partial help.
        -- To download and install Help files for the module that includes this
     cmdlet, use Update-Help.
Node はparam にするべきなの?

コンフィグレーションの例に、Node をコンフィグレーション実行時に受け取れるようにParamブロックに指定する例がよくあります。これはDSCのモードによりますが余り使いません。

PULL モードの場合、ノードが誰かということはDSCサーバーは知る必要がないためです。(対象のConfiguraionIdごとにコンフィグレーションを生成するだけなので 常に1つだけ生成します)

PUSH モードの場合でも、ConfigurationDataを使って対象ロールごとに別途定義可能です。これは8日目で詳細を説明します。

MOFファイルの中身

少しお見せしましたが、MOFファイルは定義の集まりです。

実行結果のMOFを見てみましょう。

生成日時など

一番上部生成日技、ユーザー、マシン名です。コメントアウトされています。

/*
@TargetNode='localhost'
@GeneratedBy=acquire
@GenerationDate=12/07/2014 01:06:00
@GenerationHost=WINDOWS81X64
*/
MOFファイルの記述内容

コンフィグレーションのコンパイル結果であるMOFファイルの中身を見てみましょう。単純ですが、読みにくいです。

Key 意味 注意
ResourceID リソース名 + Key名 一意になる必要があります。今回はサービス名ですね
State コンフィグレーションで使ったプロパティ
SourceInfo 生成元のコンフィグレーションの行、文字番号、リソース名 後から追えます
StartupType State同様にプロパティ名
ModuleName リソースのモジュール リソースはモジュールの中に複数存在しえます
モジュールバージョン モジュールのバージョン バージョンを変えた時とか大事
ConfiguraionName コンフィグレーション名
instance of MSFT_ServiceResource as $MSFT_ServiceResource1ref
{
ResourceID = "[Service]WinRM";
 State = "Running";
 SourceInfo = "::9::9::Service";
 Name = "WinRM";
 StartupType = "Automatic";
 ModuleName = "PSDesiredStateConfiguration";
 ModuleVersion = "1.0";
 
 ConfigurationName = "Service";
 
};
instance of MSFT_ServiceResource as $MSFT_ServiceResource2ref
{
ResourceID = "[Service]Winmgmt";
 State = "Running";
 SourceInfo = "::9::9::Service";
 Name = "Winmgmt";
 StartupType = "Automatic";
 ModuleName = "PSDesiredStateConfiguration";
 ModuleVersion = "1.0";
 
 ConfigurationName = "Service";
 
};
DSCサーバー情報

まぁそのままです。

instance of OMI_ConfigurationDocument
{
 Version="1.0.0";
 Author="acquire";
 GenerationDate="12/07/2014 01:06:00";
 GenerationHost="WINDOWS81X64";
 Name="Service";
};
MOF読み読み

MOF ファイル見にくいですね。とはいえ、比較的 KV形式で読めるは読めるかと。大事なのは、後から コンフィグレーションのどこを参照しているか参照できることです。

まとめ

MOFファイルはさくっとおわっちゃった.... です。

8日目は、ConfiguraionDataについて説明します。

*1:これはv5でも変わらない残念な現状