読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

Hyper-V で Windows Server 2012 R2 環境を作ってみよう

Windows

Windows Server 2012 R2 が Microsoft Subscription で利用できるようになりました。

Windows Server 2012 R2

Azure や AWS EC2 で利用するのもいいのですが、 今回は 手元の Windows8.1 Pro で Hyper-V 環境を構築し Windows Server 2012 R2 をインストールしてみます。

Windows Server 2012 R2からは、 Windows PowerShell 4.0 になるので、ぜひぜひ更新したいところですね。

Hyper-V の有効可作業を行う

Hyper-V の条件

いくつかの条件があります。

OS  : Windows 8 Pro か Windows 8.1 Pro であること
CPU : 仮想化支援機能 (VMX / EPT) が有効
VM  : ほかの仮想化ソフトがインストール、稼働していない

OS


無印の Windows 8/8.1 でなければですね。

VM


ほかの 仮想化ソフト、いわゆる VMware や Virtual Box がインストール、起動しているとHyper-V の構成に失敗します。

特に VM Player などは、VMware系 サービス停止、アンインストール、再起動を行っても構成の失敗をすることもあります。 (私がそれでした)

サービス停止などでうまく行く方もいらっしゃるようですが、ご注意ください。

CPU / 他


現行のPC であれば多くの場合は Hyper-V が利用できるハードスペックを持っているかとは思います。 Intel 系が多いと思いますが、BIOSや UEFI上で Intel-Vx など Intel Virtualization Technology が有効になってるのが条件なため ご注意ください。

Coreinfo での確認

ご自分のPCでHyper-V が利用できるかどうかは、 coreinfo で確認するのが簡単です。

Technet - Coreinfo Download

coreinfoツールでCPUの仮想化対応機能をチェックする

coreinfo.exe をダウンロード後、coreinfo.exe の ディレクトリで管理者として PowerShell や cmd を実行して、coreinfoを呼び出してください。

# cmdの場合
coreinfo -v

# PowerShellの場合
.coreinfo -v

これで利用の可否がわかります。

  • なお、Hyper-Vがすでに有効な場合は以下のように Hyper-V * と表示されます。
PS D:\Coreinfo> .\Coreinfo.exe -v

Coreinfo v3.2 - Dump information on system CPU and memory topology
Copyright (C) 2008-2012 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com

Note: Coreinfo must be executed on a system without a hypervisor running for
accurate results.

Intel(R) Core(TM) i7 CPU         860  @ 2.80GHz
Intel64 Family 6 Model 30 Stepping 5, GenuineIntel
HYPERVISOR      *       Hypervisor is present
VMX             -       Supports Intel hardware-assisted virtualization
EPT             -       Supports Intel extended page tables (SLAT)
  • 参考までに検証に使用した環境です。今となっては古いモデルですが、問題ないですね。
Parts      Spec
-------------------------------------------------------------------
CPU        Intel Core i7-860 (Lynnfield)
            Core : 4
            Logical : 8
            Cache : 4x32 + 4x32 + 4x256 + 8M
            Socket : H1 (LGA1156)
            TDP : 95 W
GPU        MSI R5770 (MS-V214)
            ATI RADEON HD 5770 (JUNIPER XT)
            PCIe v2.0 x16 (5.0 Gb/s) @ x16 (5.0 Gb/s)
            GDDR5 SDRAM 1024 MB
Memory     Module Infrastructure : Corsair
            Module Parts Number : CMX8GX3M2A1333C9
            Memory Type : DDR3 SDRAM
            Module Size : 4096 Mbytes x 4
            Memory Speed : 666.7 MHz (PC3-10600)
M/B        ASUS P7P55D-E EVO
            Intel P55 (IbexPeak)
DirectX    DirectX 11
Sound      Onboard
            Intel 5 Series/34x0 Chipset PCH
            - High Definition Audio Controller [B3]
SSD        Intel SSDSC2CT120A3 (120GB)
OS         Windows 8.1 Pro 64bit RTM版

Hyper-V の有効可

Windows機能の追加をします。

GUI で追加


1.Win + x から プログラムと機能を開きます。

2.Windows 機能の有効化/無効化 を選択します。

3.Hyper-V を有効にして Windowsを再起動します。

PowerShell で追加


PowerShell を管理者として実行し、以下のコマンドで Hyper-Vを有効化します。あとは、Windowsを再起動すれば完了です。

Enable-WindowsOptionalFeature –Online –FeatureName Microsoft-Hyper-V

Hyper-V で Windows Server 2012 R2の Virtual Machineを作成する

1.Start画面から、 Hyper-V Manager を起動してみましょう。

2.右側ペインのメニューから、 [New > Virtual Machine] と進みます。

3.開始画面をNext

4.Imageの名称 と Locationを設定します。 Image Name は、Virtual Machine の hostname とは違いますので、識別しやすい名称が望ましいでしょう。

5.Generatopm を選択します。(VM構成後は変更不可です) ここでは、 Generation 2 を選んでいます。

6.割り当てるメモリを設定します。 DBなどを置かないWindows Server 2012 では、4-7GB程度あればいいでしょう。

7.Network Connectorを選択します。

8.VHDパスとサイズを指定します。先ほどのVM Nameが自動的に入っていることがわかります。

9.インストールするOSイメージのISOを選択します。今回は、 MSDN Subscriptionから Windows Server 2012 JPNを Standard ライセンスキーでインストールします。 手元にダウンロードした、.isoパスを指定しましょう。

10.確認画面が出るので、問題なければfinishして構成します。

11.構成は1分程度で完了します。

12.構築後は、対象のイメージをStartしてみましょう。

Windows Server 2012 R2 の構成

1.起動画面が出るので待ちます。

2.インストーラーが起動したら、言語/時刻地域/IME/キーボードなどを選択します。

3.インストールを開始します。

4.プロダクトキーを入れます。MSDNサブスクリプションの場合、ここに入れるライセンスでインストールされる2012 R2が Datacenter Edition か Standard Edition か変化します。

5.インストールするオペレーティングシステムを選択します。ここではGUI使用サーバーを選択しましょう。

6.ライセンスをよーく読んでに同意します。

7.今回は新規インストールなので、カスタムです。

8.インストールするドライブ/パーティションを選択します。今回は、新規で作成しています。

9.インストールです。待ちます。

10.起動しました。Ctrl+Alt+Delの送信は Ctrl+Alt+End で行えます。 Remote Desktopと同様ですね。

  • 自分で接続する場合は、 Hyper-V Managerで Start か Hyper-V Virtual Machine Connection を利用します。

まとめ

Windows Server 2012 と同様、非常に簡単に構築できるようになりました。

多くの場合、 Hyper-V よりも Azure や AWS EC2 で構築したほうが現実味があるかと思います。 それでも、Windows 8 Pro以上をお使いなら Hyper-V は現実味のある有力な選択肢となっています。

ローカル環境のメリット/デメリットは勘案した上で、構築するといいと思います。