tech.guitarrapc.cóm

Technical updates

Pulumi でよく使うコマンド

この記事は、Pulumi dotnet Advent Calendar 2019 の24日目です。

qiita.com

そろそろ終わりです。pulumi でよく使うコマンドを見てみましょう。

目次

TL;DR

普段の実行はCI/CD でかけるはずなので、state を操作したりといった特殊操作で使うことになるでしょう。

ドキュメント

コマンドリファレンスは結構丁寧なのでドキュメントにあたるのがよいです。

Pulumi CLI | Pulumi

操作

普段の操作系です。 だいたいCIで実行するので案外使わないやつ。

コンパイルついでに preview までが手元でやるパターン。

pulumi up

圧倒的再頻出。リソース作成のドライラン、実行を行う。

pulumi up --refresh にしないと、state が実リソースとずれていることに気づけない罠。

主にCIでしか適用しないが、手元でIDEからどうしてもpreview 見たいときに pulumi up --refresh をIDEの Debug Runに仕込む。

pulumi config

REF: Pulumi のコンセプト - プログラミングモデル - Config 参照 | kinoco Kibela

pulumi config set Key Value で値をセット pulumi config get Key で値を取得

pulumi destroy

リソースを全部ころす。 あるいは特定のだけ --target Array でころす。

pulumi preview

リソースの dry run。なんで君には、--refresh がないんだい?

と思っていたら、1.8.0 (2019/12/19 リリース) で、pulumi preview --refresh がサポートされました。 desuyone.

https://github.com/pulumi/pulumi/blob/master/CHANGELOG.md#180-2019-12-19

pulumi refresh

主にCI でしか実行しない。

pulumi refreshpulumi preview の代わりに使うのは違うんだなぁ.... この辺り、terraform的な利用とpulumi の想定に違いを感じる。

State

state 直接いじるのはしたくないものの、terraform 同様あるはある。

pulumi state delete URN

ステートから 実リソースのURN参照を削除する。 つまり、実リソースを Pulumi の管理外にする。

stack

stack は最初とかしか触らないので案の定頻繁にはやらない。

pulumi stack --show-urns

スタックのリソースを URN 付きで表示します。 URN把握するのに便利。

pulumi stack init STACK

スタック を作成、あるいは紐づけします。

pulumi stack list

スタック一覧の出力

pulumi stack output

スタックのOutput の出力

pulumi stack select STACK

スタックの切り替え

バージョン確認

Issue 報告のおともに

pulumi version

バージョンの確認

pulumi plugin ls

プラグイン一覧の出力