読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud Platfrom Technical Update and Features

SumoLogic API 操作 PowerShell Module を更新しました

SumoLogic PowerShell

SumoLogic については、以前も紹介しました。

SumoLogic API を PowerShell で利用する

今回 いくつか function を追加しました。 これで、Coillector と Source に関しては、大体の操作が PowerShell でできるかなーとか。 ====

Repository

GitHub Repository 名を変更しました。

https://github.com/guitarrapc/PS-SumoLogicAPI

また、 Module 名、 psm1、Cmdlet名も全て 変更されています。

インストール

  1. GitHubから Cloneしてください。
  2. Cloneしたリポジトリのinstall.bat を実行すると、Moduleとして配置されます。

Cmdlets

利用可能なCmdlet は以下の通りです。

CommandType Name                             ModuleName     
----------- ----                             ----------     
Function    Get-SumoLogicCollectors          PS-SumoLogicAPI
Function    Get-SumoLogicCollectorsSource    PS-SumoLogicAPI
Function    Get-SumoLogicCredential          PS-SumoLogicAPI
Function    New-SumoLogicCredential          PS-SumoLogicAPI
Function    Remove-SumoLogicCollectors       PS-SumoLogicAPI
Function    Remove-SumoLogicCollectorsSource PS-SumoLogicAPI
Function    Set-SumoLogicCollectorsSource    PS-SumoLogicAPI

使い方

ReadMe に纏めておきました。

PS-SumoLogic - ReadMe

サンプル

サンプルコードも置いておきました。

サンプル

これまでとの変更点

  1. Remove-* Cmdletを追加しています。
  2. Source 関連Cmdlet に parallel スイッチを追加しています。
  3. Remove-SumoLogicCollectors Cmdlet に parallel スイッチを追加しています。

parallel を付けると、 workflow により 5並列に実行されます。 非同期は作っていませんが、通常のリクエストが5並列化されるので、それなりに高速になります。 しかし、 SumoLogic APIが pipeline に纏められなくて困ってます。ほげー。

最後に

Collector が2個以上になるともうGUIとかありえませんね。 繰り返し実行もしたいわけで。 Pull Request お待ちしています。