tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

PowerShellでregionを使ってScriptを折りたたんだ際のPowerShell ISEとPowerGUIの見え方の違い

PowerShell Script書くときには、PowerShell ISEやPowerGUIを使っているかと思います。 コードを折りたたむ為のツリーが表示されるものとして、{}、()、function{}、、@" "@が良く知られていますが、#regionも利用できます。 Fold PowerShell ISEとPowerGUIの両者で微妙に見え方が異なります。 今回は、簡単ですが#regionについて紹介します。

使い方

開始で#region、終了で#endregionとするだけです。 開始時に#region OOOOO と出来るので、分かり易い名前を付けておくと折りたたんだ際にコード記述を探すのに便利です。
#region function get-kbps,Mbps
function get-Mbps{
    
    param( 
    [Parameter(Mandantory=$true)]
    [int]$speed 
    )

    $Mbps = $speed / 1000 / 1000
    return $Mbps

}

function get-Gbps{
    param( 
    [Parameter(Mandantory=$true)]
    [int]$speed
    )

    $Gbps = $speed / 1000 / 1000 / 1000
    return $Gbps

}
#endregion
PowerShell ISEとPowerGUIそれぞれで折りたたむためのフォールドツリーが表示します。 region 折りたたんだ状態は、PoiwerGUIの方が分かり易いですね。 regiona fold

まとめ

#region で開始。#endregion で終了。 どちらの環境でも便利に使うといいかもです。 個人的にはPowerGUIの見え方は好ましいですね。