読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

PackageMangement (a.k.a OneGet) の PowerShell 3.0 - 4.0 スタンドアローンインストール版について

PowerShell

PackageManagemtn(以下 OneGet) は、PowerShell 5.0 が含まれる WMF 5.0 (現在は ProductionPreview) で利用できました。つまり、Windows 10 以前の 7 SP1 / 8.1 では、WMF 5.0 を入れないとだめでした。

が、ようやく PowerShell 3.0 (WMF 3.0) と 4.0 (WMF4.0) にスタンドアローンインストールできるバージョンがリリースされました。

ということで概要です。

公式記事

PowerShell Team Blog で公開されました。

Package Management Preview for PowerShell 4 & 3 is now available

インストーラ

ダウンロードは Microsoft Download Center からどうぞ。

PackageManagement PowerShell Modules Preview

補足

これでWMF5.0 という、SystemCenter や SharePoint など一部 MSプロダクトの競合でいれれない環境でも OneGet が利用できます。

サーバーでなくクライアントOS でも、WMF5.0の入れ替えは大きなコストですが、MSI パッケージでの単独展開なら可能な環境もあるでしょう。

ちなみに PowerShell 3.0 / 4.0 でもなので、以下のマトリックスで利用できます。

PowerShellバージョン 既定クライアントOS 既定サーバーOS WMFアップグレードで利用可能
3.0 Windows8 WindowsServer2012 Windows7SP1
WindowsServer2008R2
4.0 Windows8.1 WindowsServer2012R2 Windows7SP1
Windows8
WindowsServer2008R2
WindowsServer2012
開発関連情報

これまでの中心エンジニアだった @fearthecowboy が別プロジェクトに行きました。最近の開発が少し遅いのはちょっと関係してるのかな?

github.com

現在の中心は、@Jianyun のようです。

github.com

相変わらず コミュニティミートアップを行っているので、開発に参加したい方、開発の進め方、状況を知りたいかたはぜひぜひ!

News Panel · OneGet/oneget Wiki · GitHub

まとめ

ぜひぜひご利用を!