読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 以外で Windows PowerShell 4.0を利用する方法

ご存知の通り、 Windows PowerShell は、 Windows Management Framework (WMF)としてバンドルされています。

PowreShell 3.0 では、 WMF3.0のインストールと .NET Framework 4.0が必須でした。

では、PowerShell 4.0はどうでしょうか。

見てみましょう。

OS制限

Windows PowerShell 4.0が標準で入っているOS

以下のOSは、標準で Windows PowerShell 4.0 が入っています。

Client OS Server OS
Windows 8.1 (無印/Pro/EnterPrise Windows Server 2012 R2
Windows PowerShell 4.0のサポートOS

OSに制限があります。

Client OS Server OS
Windows 7 Service Pack 1 Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
---- Windows Server 2012

Windows 8はサポートされていません。必ず Windows 8.1 へアップグレードしてください。

Windows PowerShell 4.0のインストールに必要なWindows Management Framework

PowerShell 4.0は、Windows Management Framework 4.0にバンドルされます。

対応OSでインストールが可能です。

また同梱されるモノは以下です。

Windows Management Framework 4.0 には

  • Windows PowerShell
  • Windows PowerShell ISE
  • Windows PowerShell Web Services (Management OData IIS Extension)
  • Windows Remote Management (WinRM)
  • Windows Management Instrumentation (WMI)
  • サーバー マネージャーの WMI プロバイダー
  • および 4.0 の新機能である Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC) に対する更新プログラムが含まれています。
Windows Management Framework 4.0のダウンロード

以下からダウンロード可能です。

Windows Management Framework 4.0

Windows Management Framework 4,0のインストールに必要な Microsoft .NET Framework

Windows Management Framework 4.0は、Microsoft .NET Framework 4.5が必要です。

以下のサーバークラスソフトウェアがインストールされている場合は、Windows Management Framework 4.0はインストールしないでください。

サポートOSであっても、以下のソフトウェアのいずれか一つでも入っていたらインストールしないでくださいとあります。

  • System Center 2012 Configuration Manager (SP1 を除く)
  • System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 (SP1 を含む)
  • Microsoft Exchange Server 2013、Microsoft Exchange Server 2010、および Microsoft Exchange Server 2007
  • Microsoft SharePoint Server 2013 および Microsoft SharePoint Server 2010
  • Windows Small Business Server 2011 Standard
Microsoft .NET Framework 4.5のダウンロード

ダウンロードは以下から可能です。

Microsoft .NET Framework 4.5

インストール手順

  1. Microsoft .NET Framework 4.5をダウンロード、インストールします。
  2. Windows Management Framework 4.0 をダウンロード、インストールします。

以上でインストールが完了します。適宜 Windowsの再起動してください。