tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

PowerShell の Write-Host で色付きメッセージを出してみる

PowerShellでのホスト表示にはいくつかの方法があります。 その中で、ホスト表示色を自由に扱えるのが、Write-Host コマンドレットです。 その利用例を見てみましょう。

Write-Host コマンドレット

Write-Host コマンドレットには、 ForeGroundColor パラメータと BackGroundColor パラメータがあります。 これを利用することで、表示文字色、表示背景色を制御できます。 特に指定しなかった場合は、デフォルト色となります。 利用可能な色一覧:
Black
Blue
Cyan
DarkBlue
DarkCyan
DarkGray
DarkGreen
DarkMagenta
DarkRed
DarkYellow
Gray
Green
Magenta
Red
White
Yellow
例: 表示文字色をCyanとする
Write-Host "hogehoge cyan!!" -ForegroundColor Cyan
[office src="https://skydrive.live.com/embed?cid=D0D99BE0D6F89C8B&resid=D0D99BE0D6F89C8B%211729&authkey=AN3GIxwEqPZ8Qpo" width="316" height="41"] 背景色も同様に変更可能です。
Write-Host "Gray top, yellow back!" -ForegroundColor Black -BackgroundColor Yellow
[office src="https://skydrive.live.com/embed?cid=D0D99BE0D6F89C8B&resid=D0D99BE0D6F89C8B%211730&authkey=AMVvFqE266CClfU" width="316" height="30"]

事前に定義する

psm1など、function内でちょくちょく使う場合は、事前に組み合わせを定義しておくのもいいでしょう。 例えばこのような感じです。
function Get-WriteHostColourSplat{

	[CmdletBinding()]
	param(
	)

	Write-Verbose "Set Colour Splat Definition"
	# Create Colour Splats
	$green = @{ForegroundColor= "Green"}
	$white = @{ForegroundColor= "White"}
	$yellow = @{ForegroundColor= "Yellow"}
	$red = @{ForegroundColor= "red"}
	$cyan = @{ForegroundColor= "cyan"}
 
	Write-Verbose "Set Colour Splat variables for function scope."
	# Create Colour constants in the previous scope.
	New-Variable -Name "message" -Value $green -Scope 1
	New-Variable -Name "normal" -Value $white -Scope 1
	New-Variable -Name "warning" -Value $yellow -Scope 1
	New-Variable -Name "caution" -Value $cyan -Scope 1
	New-Variable -Name "notice" -Value $cyan -Scope 1
}
このようにしておけば、利用時はalias指定した名称でスプラット指定するだけです。 設定を読み込んで
Get-WriteHostColourSplat
試します。
Write-Host "hoge" @caution
[office src="https://skydrive.live.com/embed?cid=D0D99BE0D6F89C8B&resid=D0D99BE0D6F89C8B%211731&authkey=AA_OzVMr4Sm7NJ0" width="320" height="317"]

まとめ

閾値などの表示には、色別表示が便利ですね。 しかし、Write-Host には重大な欠点が……そのため結局使わないことが多いのでした.... それはまた今度で。