tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Swift, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

PowerShellでFizzBuzzしてみる

第一回シェル芸を今度触ろうと思って問題を見たらやってるじゃないですか……FizzBuzz問題…。 PoewrShellでFizzBuzzとか、今更たっぷりですが先行して挑戦です。 Fizz Buzzをご存じない方は以下から

Wikipedia - Fizz Buzz はてなキーワード > FizzBuzz

縛り

まぁPowershellだし、当然の縛りですが…

  1. ifとか使ってたまるか
  2. ワンライナーにしたいなー

 

ソース パターン1

まずできたのがこれでした。 FizzBuzzに該当する箇所の数字と、Fizz/Buzz/FizzBuzzを同列に表示しています。 …え?だめ?………ではパターン2へ…。

1..100 | ForEach-Object {"$_" +@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]}

[Aliasで短縮版]

1..100 | % {"$_" +@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]}

ソース パターン2

ダメっていわれそうだったので、FizzとBuzzとFizzBuzzの数字は文字に置き換えました。 さっくりワンライナーでかけたのですが……冗長ですね…

1..100 | ForEach-Object {((@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]),$_)[!((@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]))]}

[Aliasで短縮版]

1..100 | % {((@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]),$_)[!((@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]))]}

ソース パターン3

パターン2を変数にしただけです。 これをワンライナーと呼ぶと怖い方々に怒られそうなのですががが…

1..100 | ForEach-Object {$x = @("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]; ($x,$_)[!$x]}

[Aliasで短縮版]

1..100 | % {$x = @("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]; ($x,$_)[!$x]}

まとめ

思いのほか面白くて楽しめましたww 次は、%使わず求めることにも挑戦してみようかしら。

おまけ

誰得なFizzBuzz関数作ってみましたww 関数に渡した連番で、ソース1,2,3のそれぞれでFizzBuzzを出力します。 連番を渡すときは、Get-FizzBuzz -seq (1..100) な感じで-Seqパラメータに( ..)で渡してください。 Format-Table -Autosizeで表示させることで、余計なスペースが削除されますが、なくてもお好きなようにどうぞw さあ、これで10000でも好きな数でできますね (白目

function Get-FizzBuzz{

    [CmdletBinding()]
    param(
    [int[]]$seq
    )

    $seq `
        | ForEach-Object{ 

            New-Object PSObject -Property @{
            numFizzBuzz = ($_ | ForEach-Object {"$_" +@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]})
            oneFizzBuzz = ($_ | ForEach-Object {((@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]),$_)[!((@("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]))]})
            varFizzBuzz = ($_ | ForEach-Object {$x = @("Fizz")[$_ % 3] + @("Buzz")[$_ % 5]; ($x,$_)[!$x]})
    
            } 
        }
 }

 Get-FizzBuzz -seq (1..100) | Format-Table -AutoSize

おまけのおまけ

20013/Jan/20 PM17:01現在、牟田口先生が51文字(V3.0)、54文字(V2.0)のコードを公開されています。 私ので57文字なので、更に少ない訳で……ぬぅww

FizzBuzz再び

って、よこけんさんが2007年に私のパターン3と同一のソースを出されているんですね……ぐぬぬ…悔しい…

おまけのおまけでswitch

何のおもしろみもありませんがswitchでloopの特性使ってます。…どーぞ

switch(1..100){
{!($_%15)}{'FizzBuzz';continue}
{!($_%3)}{'Fizz';continue}
{!($_%5)}{'Buzz';continue}
default{$_}
}