読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

Widnows 8.1 RTM から Windows 8.1 GA へは "GA Rollup A" update しよう

Microsoft Subscriptionを持っている開発者のみなさんは、先んじて Windows 8.1 RTM にあげていたことでしょう。

先日の Windows 8.1 GA リリースと RTMでは、意味合いが違うのはご存知の通りです。

RTMとGAでは、微妙に機能差分があるので、GAに挙げましょうというお話です。

Windows 8.1 RTM から GAまで引き続き開発されていた

そもそもこれまでとは Microsoft の姿勢が違っていたのは記憶に新しいところです。

Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 RTM released on TechNet and MSDN

8月の8.1発表時には、開発者も含めて GAで初めて提供といっていたのを 9月にRTMを提供でした。

当然、RTM後も開発は進められ、先日10/17に GAがリリースされています。

PowerShell 4.0も機能に変化があったことから、開発が進んでうれしいことです。

RTMからGAへの更新

バグ修正や機能追加を指し、一般にGA RollUp A と言われています。

これらは、 10/17から24時間以内 にWindows Updateで提供されました。

具体的には、以下のKBが当初発表され増した。

  • KB2894179
  • KB2883200
  • KB2894029

このうち、KB2894179 とKB2894029はKB2883200に含まれました。

そして、追加で発表されたのがこちら

最終的にインストールがKBで確認できるのが以下です。

いずれも Windows updateで提供されています。

KBインストールを確認する

以下で確認できます。

PowerShell 2.0以下のKB確認例

$kbs=("KB2883200","KB2884846","KB2894179","KB2894029");Get-WmiObject -Class Win32_QuickFixEngineering | where HotFixID -in $kbs

PowerShell 3.0ではCimInstanseが利用できます。

$kbs=("KB2883200","KB2884846","KB2894179","KB2894029");Get-CimInstance -ClassName Win32_QuickFixEngineering | where HotFixID -in $kbs

PowerShell 4.0ならメソッド構文も利用できます

ついでなので変数を外してみましょう。

(Get-CimInstance -ClassName Win32_QuickFixEngineering).Where({$_.HotFixID -in ("KB2883200","KB2884846","KB2894179","KB2894029")})

結果

どれも変わりません。

Source        Description      HotFixID      InstalledBy          InstalledOn              
------        -----------      --------      -----------          -----------              
              Update           KB2883200     NT AUTHORITY\SYSTEM  2013/10/21 0:00:00       
              Update           KB2884846     NT AUTHORITY\SYSTEM  2013/10/21 0:00:00       
              Update           KB2894029     NT AUTHORITY\SYSTEM  2013/10/21 0:00:00       
              Update           KB2894179     NT AUTHORITY\SYSTEM  2013/10/21 0:00:00  

まとめ

GAに挙げておきましょうね。