読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud Platfrom Technical Update and Features

(RTX810構築シリーズ 3/7) Yamaha RTX810 を ローカルルータ構成で インターネット接続してみよう (グローバルIPの1対1NAT環境)

Yamaha

ローカルルータ。

美しくありませんね。しかし、用途や検証にはありだと思います。

ローカルルータ構成をとることで、普段利用している本番構成に影響することなく、別サブネットやVPNを検証することができます。次の記事では、本記事で構成した環境からのAmazon VPCとのHardware VPN接続を考えてみます。

さて今回は、8個のグローバルIP (固定IP) がISPから割り振られた状況でのRTX810 の構成を考えてみます。*1

リモートルータはIPマスカレード変換でLAN側に ∗.∗.∗.∗ で IPマスカレード変換。残りのグローバルIPは 1対1NATでその内1つをローカルルータとして設置したRTX810へという環境です。

WAN側グローバルIP アドレス変換方式 LAN側IPプライベートアドレス
11.11.11.2 IPマスカレード変換 192.168.100.2
11.11.11.3 1対1NAT変換 192.168.100.3
11.11.11.4 1対1NAT変換 192.168.100.4
11.11.11.5 1対1NAT変換 192.168.100.5
11.11.11.6 1対1NAT変換 192.168.100.6
11.11.11.7 1対1NAT変換 192.168.100.7

この構成での設定例は見かけないので役に立てば幸いです。

構成

まずは、構成から見てみましょう。

構成図

リモートルータでのIP変換対応表

WAN側グローバルIP アドレス変換方式 LAN側IPプライベートアドレス 機器
11.11.11.2 IPマスカレード変換 192.168.100.2 リモートルータ
11.11.11.3 1対1NAT変換 192.168.100.3 RTX810
11.11.11.4 1対1NAT変換 192.168.100.4 サーバー1
11.11.11.5 1対1NAT変換 192.168.100.5 サーバー2
11.11.11.6 1対1NAT変換 192.168.100.6 サーバー3
11.11.11.7 1対1NAT変換 192.168.100.7 サーバー4

概要

リモートルータは、固定IP8個11.11.11.1-8/29から、実際に利用できる6個11.11.11.2-7をアドレス変換しています。

配下のサブネット192.168.100.0/24は、グローバルIP11.11.11.2にIPマスカレード変換します。

  • GWであるリモートルータのLAN側IPアドレスは192.168.100.2/24

残りの5つは1対1NATで割り振っています。

今回の対象となるRTX810は、11.11.11.3と1対1NATした192.168.100.3/24でWAN側を受け付けて、LAN側プライベートIPは192.168.101.0/24としています。

  • GWであるRTX810のLAN側IPアドレスは192.168.101.1/24

リモートルータ側の設定

は、省略します。

アドレス変換表に気を付けて設定してください。

ローカルルータ(RTX810)側の設定

では本命です。

ip route default gateway 192.168.100.2
ip keepalive 1 icmp-echo 10 5 192.168.100.2
ip lan1 address 192.168.101.1/24
ip lan2 address 192.168.100.3/29
ip lan2 secure filter in 101003 
ip lan2 secure filter out 101013
ip lan2 nat descriptor 200
provider lan1 name LAN:
provider lan2 name PRV/0/1/3/0/0:固定IP
ip filter 101003 reject 192.168.100.0/24 * * * *
ip filter 101013 reject * 192.168.100.0/24 * * *
nat descriptor type 200 masquerade
nat descriptor address outer 200 192.168.100.3
nat descriptor address inner 200 auto
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.101.100-192.168.101.150/24
dns server 192.168.100.2
dns private address spoof on
httpd host lan1

いたってシンプルです。

ポイントは、nat descriptor address outer 200 192.168.100.3でNATアドレスを指定していることです。primaryではうまくいかないのでご注意を。

ppではないので、ipcpなども当然ありません。基本的には、WANとLANのNATに気を付ければいいでしょう。

それでは次回は、この環境でAWS VPCとのHardware VPN構築と行きましょう。

*1:実際に使えるのは頭と末尾を除く6個となります。