読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

Windows Azure The Diagnostic Utility が公開されています

先日 26/Aug/2013 に Azure Team が実際に利用しているいう、 Azure Tools - The Diagnostic Utility が一般公開されました。 是非Azure に限らず使えそうなのでご紹介を。 (AWS での利用を念頭に見てみましょう)

ダウンロード

以下のCmdlet を PowerShell や PowerShell_ise でコピペ実行してくださいとのこと。
md c:\tools; Import-Module bitstransfer; Start-BitsTransfer http://dsazure.blob.core.windows.net/azuretools/AzureTools.exe c:\tools\AzureTools.exe; c:\tools\AzureTools.exe
もし BITS Transfer が出来なかった場合、 PowerShell V3 が入っていれば以下でもダウンロードできますよ。 (やっていることはほぼ一緒です。
md c:\tools; Invoke-WebRequest http://dsazure.blob.core.windows.net/azuretools/AzureTools.exe -OutFile c:\tools\AzureTools.exe; c:\tools\AzureTools.exe
上記により、 c:\Tools が生成され、AzureTools.exe がダウンロード、実行されます。 自分で起動するときは、 C:\Tools\AzureTools.exe で。

簡単な説明

大きくタブで分かれています。
  1. [Tools] 調査に必要な Tools のダウンロード
  2. [File Transfer] blob storage への ファイルアップロード / ダウンロード
  3. [Utils]デバック操作 や 設定など

Tools

Azure でないと使えないのでは?そんな事ありません。 私は AWS EC2 上での Windows を扱いますが、実際に AzureTools を知る前に既に利用していたソフトが AzureTools を使えば容易に手に入ります。 例えば、 Microsoft Network Monitor ですが、 WireSharp のような pcap なくパケットキャプチャ出来る優れものです。 まぁ 30分程度のキャプチャにとどめないと あっという間にメモリが 8GB 以上喰われて NewRelic 先生のアラートに掛かったりしますが。 他にも ILSpy や DebugDiag、Fiddler、PerfView などなど、調査に使えるツールが簡単にダウンロードできます。 AWS でも使いましょう! デフォルトではダウンロードしたファイルは C:\Tools にあります。

File Transfer

blob とのやり取りで、 大きなファイルの RDP 越し転送を楽にしよう作戦らしいです...... サスガに AWS ではつかえにゃい。 しょーがないです。次!

Utils

ここが本領ですね。 沢山項目があるので、かいつまんで。

Misc / TimeZone

TimeZone の変換をしてくれます。 UTC以外に Parse とかもしてくれて嬉しいですね。 これで PDT に対応しているともっと嬉しかった (

Misc / Build RDP File

RDP構成ファイルを作ってくれます。 が、正直ここは RemoteDesktopConnection Manager があるといらないので、 RemoteDesktopConnection Manager 連携 として xml生成などしてくれるともっと嬉しいですね。

Misc / Build RDP File

blob リソースの設定ですね。ほげ

Misc / Storage REST API

blob Storage との REST API ですね。他のサービスでは使えなかった....

Misc / Service Management REST API

以下 (ry

Set Explorer Option

隠しファイルの表示 と ファイル拡張子の表示 がされるようにレジストリを書いています。 Windows8, 2012 で非常に簡単になったとはいえ、便利ですね。

Auto Gathering Log

各種ログを取得してくれます。 そのサーバーの調査をサーバー実体でやるには便利でしょう。 [office src="https://skydrive.live.com/embed?cid=D0D99BE0D6F89C8B&resid=D0D99BE0D6F89C8B%211802&authkey=AA6rWSCKIxEPfDQ" width="320" height="259"]

Attach Debugger

最強に使えます。 各process に Debugger をアタッチすると、プロセス挙動に失敗した時にアレできます。 w3p などフツーに IIS 系で使える感でいいですね。

Check Input Endpoints

以下 (ry

Set Busy

以下 (ry

Open Log Files

EventViewr を開いてくれます。

Fusion Logging

.NET Fusion Logging の verbose 出力を有効にするかどうかです。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Fusion [ForceLog=1, LogFailures=1, LogResourceBinds=1, LogPath=<AzureTools startup path>].

まとめ

Azure で最大の利便性を発揮するのは当然ですが、 AWS などでもフツーに使えます。 ということで、入れましょう!