読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

Adobe Creative Cloud の個人版を契約期間中の違約金なくグループ版に移行する

Adobe の Creative Cloud には、 企業などで一括したライセンス管理 が可能な グループ版があります。
Adobe Creative Cloud メンバーシッププラン:価格とサブスクリプションについて Adobe Creative Cloudのホント! | Adobe
このグループ版ですが、もし企業内部で 個人版 をクレジット購入などで利用していても、「通常求められる契約途中解約の違約金」なく グループ版に移行が可能です。 今回はその手順を紹介します。

契約途中での解約

個人契約に限らず、世間一般でもそうですが契約期間中の途中解約は違約金を求められます。 Adobe もそこは一緒です。

Adobe ID

ポイントは、Adobe ID です。 このadobe ID は、個人契約でも グループ版で招待された時でも同一の ID を用いることになります。 そのため、 グループ版のVIP アカウントで対象ユーザーの シートを追加し、個人ユーザーをそのシートで招待することが可能になります。 この時、Adove サポートに、「グループ版を利用始めた OOOO という Adobe ID が、個人契約をしていたのだが移行したい」旨を相談することで、違約金なくグループ版のシートを追加することで移行が可能になる可能性があります。 今後 Adobe 内で方針が変わる可能性もあるため、一概には言えませんが、一度 グループ版管理者 は販売代理店やAdobe サポートに相談してみるといいでしょう。

まとめ

流れを纏めると次のようになります。
  • グループ版に、個人契約しているユーザーのシートを追加する (この時点でグループ版の利用料がかかります)
  • 個人契約しているユーザーを シートに招待し、個人契約と同一 Adobe IDで利用してもらいます
  • Adobe サポートに連絡し、上記の旨を説明することで、移行の可否を教えてくれます。 (先に聴いておいた方がいいです)
  • 個人契約のAdobe CC は支払っていた期日で無効になり、 グループ版での CCを利用可能になります。 (アンインストールも設定の以降も不要です。そのままのPCでそのまま利用可能です)
あくまで現時点ですが、もしお悩みの方は、相談してみてください。 どちらかというと、移行というよりは、グループ版での契約し直しという意味合いになりますね。