tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

Domain User で Remote Desktop Connection をする時にConnection was denied, not authorized for remote login. と表示された場合の対処

Remote Desktop は、 Windows では実質的なスタンダード的な位置を占めています。 OS標準で、バージョンが上がるごとに性能が良くなっています。 さて、今回は Domain 環境化において Remote Desktop 接続をできるようにする場合の注意点です。 特に以下のエラーが出た場合、設定が足りてないことを示していますが、何が足りないか分かりにくいです。 そこで、設定箇所を確認しましょう。

Connection was denied, not authorized for remote login.

対象バージョンは、 Windows Server 2012です。 2008 R2 もほぼ同じでしょうが、検証してませんしすることもありません。 ====

Workgroup 環境における Remote Desktop接続の許可

これは簡単で、以下の2点を有効にします。

  1. 接続される側(サーバー) で、接続する側 (クライント) が認証に使うサーバーのユーザー に対して、 Remote Desktop Users のグループを割り当てます。
  2. Computer > Property > System > Advanced system settings > Remote > Allow remote connections to this computer を有効にする

例外的に、 Administrator ユーザーは、Remote Desktop Users グループがアサインされていなくとも、2が満たされていれば利用可能です。

Domain環境における Remote Desktop接続の許可

少しだけ、手間が増えます。 正確には、細かく設定が可能になります。

  1. 接続される側(サーバー) で、接続する側 (クライント) が認証に使うDomainユーザー に対して、 Remote Desktop Users のグループを割り当てます。
  2. Computer > Property > System > Advanced system settings > Remote > Allow remote connections to this computer を有効にする
  3. Computer > Property > System > Advanced system settings > Remote > Allow remote connections to this computer > Select Users > 接続許可する Domain ユーザーを割り当てる
  4. secpol で Local Security Policy > Local Policy > User Rights Assignment > Allow Log on through Remote Desktop Service >許可する Domain User か Domain Group を割り当てる

簡単、ですね!知ってしまえば。 知らないと意外と纏まった情報が無くて困ります。 参考になればどうぞ。