読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

Windows AzureのOpenLogic CentOS 6.3 で GNOME (X Window)を使うまでセットアップをしてみる part4

Azure
part4です。 前回は、ssh環境を整えるところまでやりました。
Windows AzureのOpenLogic CentOS 6.3 で GNOME (X Window)を使うまでセットアップをしてみる part1 Windows AzureのOpenLogic CentOS 6.3 で GNOME (X Window)を使うまでセットアップをしてみる part2 Windows AzureのOpenLogic CentOS 6.3 で GNOME (X Window)を使うまでセットアップをしてみる part3
目次はこちら。 今回はzshのインストールです。
  1. Open Logic CentOS 6.3のインスタンス作成と接続
  2. yum更新とRemi Repositoruの導入
  3. ssh 公開鍵暗号での接続に切り替え
  4. zshのインストール
  5. gccなどDevelopment Toolsをインストール
  6. GNOMEの導入
  7. VNCの導入

zshのインストール

出落ちですいません。もうAWSで書いていましたので、参照して下さい。 基本的には、Azureも要領一緒です。何も困らないはずです。
Amazon AWS EC2 でzshを使ってみよう
え?サクッと概要でもかけと?はい。
# zshのインストール sudo yum zsh # 利用可能Shellの確認 cat /etc/shells # zsh プロファイルの作成 cd ~ vim .zshrc # 適当に設定を入れる autoload -U compinit compinit setopt auto_cd setopt auto_pushd setopt correct # 現在のshellを確認 echo $SHELL # shellの変更 sudo chsh azureuser bin/zsh # 一度ログオフして入り直しで適用
これでいいですか。 次回は、コンパイラの準備ですね。