読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud Platfrom Technical Update and Features

Room metro #15参加してきた

Uncategorized
30/Mar/2013 に都内神保町 IIJ様本社で行われたRoom metro #15に参加してきました。 あいにくの体調となり、咳が我慢できなくて周りの人にはごめんなさいでした。 が、とても楽しかったです。
Room metro #15 開催情報

演目

12:30 開場 13:00~開始 / ご挨拶 遥佐保 13:05~「WindowsストアアプリでのDDD (Domain-Driven Design)」 熱燗ロックのブログ 管理人 神原 淳史 13:45~「PlayTo シナリオで簡易マルチデバイス」 Microsoft MVP for ClientAppDev 高尾哲朗 14:30~「Live SDK で SkyDrive連携アプリを作ろう」 銀の光と碧い空 管理人 tanaka_733 15:10~「Windows ストアアプリのGridViewを入門してみた」 Microsoft MVP for ClientAppDev 大田 一希 15:55~「ぐるりInternet Explorer 10の新技術」 Microsoft MVP for Internet Explorer 沢渡 真雪 16:35~「HttpClient 詳解」 Microsoft MVP for Visual C# neuecc 17:20~「URL Routing Test Kit & Surface RTでC#」 Microsoft MVP for Visual C# 鈴木 孝明 17:50~「ライトニングトーク」 お絵かき芸 紫髪のMSステマ営業  

感想

意識高いプレイは苦手なので、興味を引いた題目と内容だけ ((  

「Live SDK で SkyDrive連携アプリを作ろう」

あ、行き成り端折りました。 Live SDKいいですね…! WindowsPhone8 に 高級置時計 と、Store Appを中心に動きつつあるので、最近頓にMS機器との親和性を感じます。 その中でも、File共有としてSkyDriveの使いやすさが際立っているので、SDKでのアクセス制御は殊更嬉しいものがあります。 Hotmail ... ? なにそr しかしプロジェクトへの参照の追加はともかく、アプリの登録と紐づけが事前に必要とか……んー…。 ※IEnumerableにすればdynamicでもとか言い出すあたり、IEnumerable正義な空気が恐かったです((  

「Windows ストアアプリのGridViewを入門してみた」

我らが相談役です。 なんというか、とても話が纏まっていて伝えたいことが伝わるように話されている印象でしたね。 XamlでのGrid Viewの説明が、Windows Store AppsのGrid Appsを例にうまく説明されてました。 なんというか、ヘタな感想より実際にスライド見れば早いと思います。 とにかく分かり易い楽しいで、特に素晴らしいセッションでした。 しれっとLINQせ、GroupByしてる辺りも良かったですね!  

「ぐるりInternet Explorer 10の新技術」

IE10でCSS 3.0関連で追加された新機能について、実演が凄かったです。
  1. CSS Grid Layouts
  2. CSS Animations
  3. CSS Transitions
  4. Pointer Events
  5. Gesture Events
  6. File API
  7. Drag and Drop API
  8. Web Worker
CSS Grid Layoutは、CSSのみでのGrid Layoutの実現ですね。 #div つけていけば……最近はやりの見た目なので面白いですね。 CSS Animationは、CSSのみでJS使わずにアニメーションを行う手段です。 CSS Transitionsは、もっと簡単な動きをつける手段なイメージ。 これらは、例えばホバーしたときに震えさせるような動きをさせたりとかです。 Pointer Eventsは、マウス、タッチ、スタイラスでのポインティングを感知するもの。 とくにスタイラスでの、筆圧感知で文字の太さなどが返れるのは面白いですね。 Gesture Eventsは、まだmsの実装で標準化策定中ですか。 変化前の座標を基に拡大縮小が自在に出来るのは…いいですね! ※以前はMouse Eventsとされていたものの後継版?かな? あとは、色の変化も行えるようです。 File APIは、File Systemへのアクセスですね。 保存であったりとかもIEの保存ダイアログで可能になるようです。 Drag and Drop APIは、まんまドラッグアンドドロップをCSSのみで実現ですね。 これが、他のAnimation, Pointer, Gestureと組み合わさると…ふわふわ動く!! Web Workerは、所謂Work FlowにちかいようなJobに近いようなイメージでした。 バックグランドジョブとして走らせられるので、V上のロックからユーザー操作を解き放てるのは好ましい動きですね。 いや、IE10になって、CSS 3の対応 + α がなかなかどうして凄かったです。  

「URL Routing Test Kit & Surface RTでC#」

さて、一言だけすいません。 PowerShellをもっと愛そう。 以上。 Surface RTのは、今日かったし試します。

「HttpClient 詳解」

ちょうど、WebClientを試していたところにこれですよ。 さすがの、のいえせんせー 会場でパワポ作ってました(( で、HttpClientいいねっていうオハナシと、async/awaitを使うなら動きを理解してないとダメよってオハナシ。 さて、System.Web.WebClientは、.NET 4.5からな訳ですが……PowerShellで参照追加出来るかは後で見ます。 もしできれば、結構楽しそう……ですが、そうなるとasync/awaitをPowerShellとかいって、C# 5.0からだろとか、Jobつかえとかいう言う人もでそうなので素知らぬ顔を決めます。 (裏でこっそり試す  

LT お絵かき職人芸

パワポじゃなくてBlendでクラウディアさんを描いたそうです。 この方も相当負けず嫌いです。 もうなんていうか……Blendの方が楽じゃね? (そうじゃない 次は、窓辺OOさんをやればいいですか、そうですか (( もはや1分かからずTwitterバード書くあたり変態通り越して熟練の腕前でした。 そして、笑いを最後に浚っていったのはこの方でした。

次回は

もうちょっと意識高くなったら次回も参加したいと思います。 今後も影薄くいきます。 本日はありがとうございました。 懇親会出れなくて、幹事様のお手数をかけて申し訳ありませんでした。 講師の皆様、お疲れ様でした。