tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

PowerShellでHashTableを使ってオブジェクトをカウントする

さて、オブジェクトのカウントですが、色々なやり方があります。 今回は、HashTableを使った考えていなかった方法があったのでご紹介です。
#PSTip Count occurrences of a word using a hash table

カウント対象

計測対象は以下の文字の個数です。
'three','three','one','three','two','two'

私ならどうするか

私の場合はこのように考えます。
$wordList = 'three','three','one','three','two','two'
$wordList | group $_ | %{[PSCustomObject]@{Value=$_.Name;Count=$_.Count}} | sort Value
改行入れるならこうです。
$wordList = 'three','three','one','three','two','two'
$wordList `
    | group $_ `
    | %{
        [PSCustomObject]@{
            Value=$_.Name;
            Count=$_.Count}
        } `
    | sort Value
Format-Tableでの結果です。
Value Count
----- -----
one       1
three     3
two       2

牟田口先生の案

なるほど…PSCustomObjectはなるべく避けたいか…、納得です。
$wordList = 'three','three','one','three','two','two'
$wordList | group -NoElement $_
結果表示です。
Count Name                     
----- ----                     
    3 three                    
    1 one                      
    2 two 

紹介するやり方

うまくHashTableを使ってます
$wordList = 'three','three','one','three','two','two'
$wordStatistic = $wordList | ForEach-Object -Begin { $wordCounts=@{} } -Process { $wordCounts.$_++ } -End { $wordCounts }
$wordStatistic
結果表示です。
Name                           Value                                                           
----                           -----
one                            1                                                         
three                          3
two                            2
HashTableのインクリメントでの使い方、面白いです。 PowerShellというより、AWK的な考えな感じもしますがとても興味深かったので参考にどうぞw

単純にこれでは

まぁSelectでもいい気もしますが…んー色々あって余りSelectを使うのは好きじゃないです。
$wordList = 'three','three','one','three','two','two'
$wordList | group $_ | Select Name,Count
Format-Tableでの結果です。
Name  Count
----  -----
three     3
one       1
two       2

速度

ちなみに速度的には…さてさてw
# 私のやり方
TotalSeconds      : 0.0004608

# 牟田口先生のやり方
TotalSeconds      : 0.0002187

# 紹介したHashTableのやり方
TotalSeconds      : 0.00331

# groupしてselect
TotalSeconds      : 0.0004079
なるほ、牟田口先生のやり方でいきましょう。