読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech.guitarrapc.cóm

C#, PowerShell, Unity, Cloud, Serverless Technical Update and Features

.NET Core on Lambda で nuget パッケージを利用してみた

AWSLambda AzureFunctions C# AWS Serverless .NETCore

といいつつ、当初から Json.NET を利用しているのですが、そこはおいておきましょう。

今回は、AWS Lambda で nuget パッケージを利用してみます。とはいっても難しいことは何もなく、通常の.NET Core アプリと同様です。

Azure Fucntions とは少し違うのでそのあたりも見てみましょう。

tech.guitarrapc.com

続きを読む

.NET Core on Lambda のローカルデバッグでロガーと変数確認する

AWS AWSLambda C# Serverless .NETCore

Serverless といっても大事なのはローカルで実行できるかです。どんなに便利でも高速なイテレーションが回せないものは継続せず触らなくなったり進化の波に乗れません。

さて、.NET Core on Lambda が出た当初にローカルデバッグで ILambdaContext がないため context 触ろうとするとエラーが出ていましたがサクッと解決できるのでしましょう。

これができることで、関数内の変数を見たり、ローカル実行専用の任意ロガー実装を差し込んだりできます。便利。

tech.guitarrapc.com

続きを読む

Amazon Athena で S3 Access Log を分析する

AWS

re:Invent 2016 は AWS の利用が一段回上に上がる素晴らしい発表が多かったです。さて今回取り上げるのは Athena です。

f:id:guitarrapc_tech:20161214042640p:plain

すでに素晴らしい資料があるのでそちらをご参照ください。ざっくり個人的な理解は、Google BigQuery の AWS版 という雑な印象です。

www.slideshare.net

data.gunosy.io

今回は S3 を Static website hosting している場合の S3 アクセスログを Athena で分析してみましょう。ELBとか CloudTrail はあるのに、S3 Access Log の記事見つからないものですね。

なお、この記事は以下のフォーマットを対象にしているため、フォーマットが将来変更された場合に動かないことがありえます。あらかじめご了承ください。

docs.aws.amazon.com

1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd hogemogeTestTest.contoso.com [07/Dec/2016:05:59:12 +0000] 191.1.1.2 1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd1234abcd 667C2B96205F407E REST.GET.VERSIONING  - "GET /hogemogeTestTest.contoso.com?tagging HTTP/1.1" 404 NoSuchTagSet 285 - 45 - "-" "S3Console/0.4" -
続きを読む

.NET Core on Lambda で Github 連携をSlack に飛ばしてみよう

AWS AWSLambda C# Serverless .NETCore

私の中で Serverless ななんとかネタで鉄板なのが、Github の PRやIssue などの通知連携です。日々使っているものなのでついつい。

もちろん過去にも Lambda + Node.js や Azure Functions で作っています。

tech.guitarrapc.com

では .NET Core でもやってみましょう。

続きを読む

.NET Core on Lambda で Slack Slash Command を作ってみよう

AWSLambda C# AWS Serverless .NETCore

さて、前回、前々回と .NET Core on Lambda の下回りを見てきました。

tech.guitarrapc.com

tech.guitarrapc.com

大事なパッケージ周りやデプロイについては別の機会にするとして、そろそろ簡単なコマンドをWebhook で投げて返してみましょう。ついでに Lambda の環境変数も触っておきます。

続きを読む